佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2021 喜歌劇「メリー・ウィドウ」

2021年7月18日(日) 14:00開演 (13:00開場)

会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール


備考

未就学児童の入場不可。マスクを着用されない方はご入場できません(マウスシールド不可)。来場者情報を把握するため、芸術文化センターでのチケットのご購入は芸術文化センター先行予約会員に限定させていただきます。会員でない方は会員登録の上ご購入いただけます(登録無料)。芸術文化センターでのチケットのご購入はお一人様1公演につき2枚(ご本人と同伴者)までとさせていただきます。ご入場の際はチケットを入場口にて係員にご提示の上、ご自身で切り離し、右側の半券をボックスにお入れください。開演時間に遅れられますと、ご購入席にご案内できない場合があります。ご来館の際は、兵庫県立芸術文化センターHPの<当センターをご利用のお客様へ>を必ずお読みください。


出演者

【7月16日/18日/21日/24日】ハンナ・グラヴァリ(大富豪の未亡人):高野百合絵、ミルコ・ツェータ男爵(ポンテヴェドロ公使):折江忠道、ヴァランシエンヌ(ツェータの妻):高橋 維、ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵(公使館付の書記官):黒田祐貴、カミーユ・ド・ロシヨン(パリジャン):小堀勇介、カスカーダ子爵(パリジャン):小貫岩夫、ラウール・ド・サンブリオッシュ(パリジャン):大沼 徹、ボグダノヴィッチ(領事):泉 良平、シルヴィアーヌ(領事の妻):香寿たつき、ニエグシュ(公使館書記):桂 文枝、プリチッチュ(退役大佐):志村文彦、プラスコヴィア(プリチッチュの妻):押見朋子、クロモウ(公使館参事):森 雅史、オルガ(クロモウの妻):鈴木純子、エマニュエル:鳥居かほり、【7月17日/20日/22日/25日】ハンナ・グラヴァリ(大富豪の未亡人):並河寿美、ミルコ・ツェータ男爵(ポンテヴェドロ公使):片桐直樹、ヴァランシエンヌ(ツェータの妻):市原 愛、ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵(公使館付の書記官):大山大輔、カミーユ・ド・ロシヨン(パリジャン):樋口達哉、カスカーダ子爵(パリジャン):水口健次、ラウール・ド・サンブリオッシュ(パリジャン):晴 雅彦、ボグダノヴィッチ(領事):ジョン ハオ、シルヴィアーヌ(領事の妻):香寿たつき、ニエグシュ(公使館書記):桂 文枝、プリチッチュ(退役大佐):三戸大久、プラスコヴィア(プリチッチュの妻):清水華澄、クロモウ(公使館参事):河野鉄平、オルガ(クロモウの妻):板波利加、エマニュエル:鳥居かほり

「座席を自動選択して購入」をお選びいただくとスムーズに座席が確保できます。


チケット合計

チケット合計枚数:
チケット合計金額:
pagetop